十津川の木を使った家具つくり。|753 FURNITURE(753ファニチャー)






掘り出し物をゲット!

Category : Blog, 家具工房日誌 · by 2月 22nd, 2014

ご無沙汰しております。

先週はインフルエンザ(A型)にかかって数日お休みを頂いていた家具製作の坂田です。

インフルエンザに十数年ぶりにかかったと思います。流行ってますね~

 

さて先日、某リサイクルショップにて珍しい物を発見。

二軸角ノミホルダーという物です。

角穴を開ける物に角ノミという物があるのです。ボール盤の様な物にドリルが先端にあってその周りを四角い箱型の刃物で穴を開ける物なんです。

で、見つけた物はその先端が二股に分かれて同時に2つの穴を高精度で開けられる物です。

これは、建具屋さんがよく使う物なのですが、家具でも十分に使えます。

2枚ホゾと言って1枚ホゾより強度が2倍以上になるというとてもありがたい接合方法なのです。

ですが、穴開けの精度が要求される(もちろんホゾ切りも)ので使いにくい仕口でもあったりします。ま、私の塾練度が足りないだけかもしれませんが・・・。

そこでこの二軸角ノミホルダーを使うと高精度かつ素早く加工が出来るのでありがたいのです。

でも、これ、実は非常に高価な物でなかなか手が出ないのですが、ここのリサイクルショップでは5千円。

しかも、電動工具のあたりに乱雑に置かれていました。たぶん、ドリルの先端チャックやと思ってはったんやと。

で、即購入。(本当は一度、スルーしたんですが、数日後にやっぱり購入しに。)

これは掘り出し物でした。よい物買いました。早速、2枚ホゾを試しに組んでみます。

SHARE :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です