棚は稼動棚とし、メタルのダボですっきりとした印象に。ガラス戸はソフトクローズでゆっくりと閉まります。

下部の前板は大きな板作り、それをそれぞれの寸法に切り出し、木目が流れるように配置。

左側本棚の奥には側面よりさらに本が入れられるような構造です。