インとアウト

753FURNITURE 家具製作の坂田です。

前回、コラム「753FURNITURE家具の塗装について」を書かせてもらったときはインフルエンザにかかりましたと言っていましたが、今回は、普通に風邪ひいてます。

さておき、今回のお話は「インとアウト」というお話。

車のコーナリングの話ではなく、家具の収納の開き戸について少し解説です。

 

インというのは「インセット」という仕様のことです。(※インとは普段呼びません)

これは、箱にに対し、扉を内側に収めることです。

意匠的な意味合いもあり好みなのですが下図のようになります。

対してアウトというのは「アウトセット」という仕様です。(※アウトとは普段呼びません)

これは、箱に対しかぶせる様に扉をつけ、扉だけが見えるような納め方です。

下図のような感じです。

どちらが良いとかではなく、意匠的なところです。アウトセットだと、扉だけが見えすっきりとした感じになり、インセットだと箱の枠も見えデザインにリズムが生まれるかな?と個人的に思っています。

ということで、インとアウトはインセットかアウトセットかということでした。