ずっとここに居たい
そんな暮らしをつくる。

豊かな森林、美しい川、澄んだ空気。
恵み豊かな十津川村の山で育った杉や檜の天然木は、強く美しく、触れると温かい。

奈良で育った木だからこそ、奈良の気候に合うのは当然。
しなやかで強い十津川の木は、奈良に住まう人の暮らしを豊かに、
木暮らしという健やかな暮らしが増えれば、地域が豊かに、
地産地消の木の家が増えれば、山や川という自然が守られる。

地産地消で
奈良の自然と生きる

十津川村は、奈良県の最南端にある日本一大きな村です。大阪市の約3倍の大きさもある森林を有し、山々に囲まれ、美しくも厳しい自然環境の中で、国内でも有数の良質な杉や檜の木が育まれています。しかし、今の日本の林業の流通の流れでは、せっかくの日本の資産である木を使うことが難しくなっているのが現状です。

私たちは林業を営む十津川村と一体となり、仲介業者は一切介さず直接仕入れることにより、良質な木材を家づくりだけでなく、良質な家具に使うことを実現しました。地域の木を使うということは、山を美しく保つサイクルに貢献することになります。

なにより厳しい環境の中で育った十津川産の木は、強く家具づくりにも適しています。
家具づくりを通して、住まう人の健康や心の豊かさを守り、地域の資産を守るという取り組みをこれからも私たちは続けていきます。

  • 自然なものは触れると優しい
    NATURAL MATERIALS
    無垢の木の家具の特徴は、なんといっても手触りの良さです。丁寧に磨かれた木の表面は滑らかで、触れると温かい。小さなお子さんのいるご家庭では、この本物の質感をぜひ子供に触れさせてあげてほしいと考えています。
  • 木の香りに癒される
    SMELL OF TREE
    無垢の杉や檜で造る家具は、とても香りがいいのも特徴の一つです。木の香りは、人の気持ちを落ち着かせ、ストレスを軽減する効果があります。日常の中に五感を刺激して、暮らしにゆとりが生まれることを願っています。
ひとつひとつ丁寧に
HANDMADE FURNITURE
私たちの造る木の家具は、ひとつひとつが手作りの家具です。十津川村の山から選ばれた杉や檜を伐採するところから始まり、丁寧に乾燥させた無垢材は、強くしなやかで、住宅の構造材に使われるほどの代物です。そんな無垢材を家や暮らしに合わせて、オーダーメイドで家具にする。そのひとつひとつの過程にもこだわりがあります。
①素材の素朴な表情や形を変えないということ。
②呼吸する自然塗料で仕上げて、木の呼吸を妨げないこと。
③暮らし方に合わせてヒアリングをした内容を基に設計すること。
手を加えるという愛着を
MAINTENANCE IS LOVE
無垢の木の家具は、長く住まう家にずっと馴染むように、日に日に味わいを増していきます。日焼けして色合いが深くなったり、よく触れる場所がどこかよくわかるような表情の変化があったり、ひとつひとつの傷が思い出と一緒に刻まれたりしていきます。
そんな無垢の家具は、手を加える=メンテナンスすることができるので、一生使うことができるというのが奥深いところです。人や暮らしに馴染んだ家具に塗料を塗ったり、傷を補修したりと愛情を注ぐことで、また変わった美しい姿を見せてくれます。