SUSについて

こんにちは。
家具製作、坂田です。
台風前のお盆休みに新車バイクでツーリングに行ってきました。
暑くて暑くて仕方なかったですが、風を感じて楽しかったです。

さておき、前回は「杉のシンプルベッド」を書かせてもらっています。

さて、今回のお話は「SUSについて」です。

SUSというのは、ステンレス鋼材のことなんです。

ステンレス(Stainless)とはステイン(Stain)汚れ、とレス(Less)無いの造語で、12%以上のクロムを含んだ錆びにくい金属のこと。

まあ小難しい話は無しにします。

 

今回取り上げる内容は、D.I.Y.をするうえで知っていいると少し便利に使えるかもしれません。

ステンレスは錆びない(さびにくい)ので、水回りなんかに使うといいのですが、ステンレスのネジを使ったことがある人は使いにくいと思ったことがあると思います。

電動ドライバーにセットしていざ、というときにポロリと落ちてしまうという経験があったのではないでしょうか?

これは、一般的に使われるステンレスネジにはsus304というステンレスが使われていることが多いからなんです。このステンレスは磁性がありません。磁石がくっつかないのです。

そこで、sus410というタイプのステンレスを使ったネジをお勧めしたいです。

磁性があり、ドライバーにくっつきます。たったこれだけのことなんですが、大量にネジを締める時などにはおすすめ。

しかし、弱点として少し、耐食性が悪いんです。常時水のかかる部分などには向いてないかなと思います。

用途と作業量など気にしながらどちらを選択するか決めるといいと思います。